沖縄のホームページ制作会社 PALMA

格安サーバーでも無料でSSLが利用できる時代になりました

ホームページにSSLは導入しましたか?

GoogleがSSLを導入していないホームページに「安全でない」と警告を表示するようになったり、SSL化されたホームページをSEOの評価として優遇することを公式発表してからは、SSLを導入するホームページが急激に増えました。

そして、最近では無償で利用できるSSLも充実してきましたので、SSL導入に二の足を踏んでいた方も迷いなく導入に踏み切るパターンも多くみられます。

これからのホームページはほとんどがSSLを利用することになりそうですね。

最近では月額500円のさくらインターネットやロリポップで、「Let’s Encrypt」という無料SSLサーバー証明書が簡単に利用できるようになりましたし、mixhostですと、月額480円で、世界シェアNo.1のCOMODO社のSSLが無料で利用できる上、HTTP/2に対応しています。

HTTP/2に対応していれば、SSLで暗号化したまま高速に表示することが可能になっていますので、おススメです。

ホームページを見ていただく方に損害を与えないように、できることはしておきたいですね。

既存のサイトにSSLを導入したいと考えている方や、SSLに対応したサイトを新規制作したいという方はお気軽にお問合せください。

バッチリSSLを導入させていただきます。

検索結果の順番は検索するユーザーによって変わることをご存知ですか?

検索順位の正しい調べ方

ホームページを持っていると、想定したキーワードで検索結果の何番目に表示されるのかが、気になり、実際に検索してみたという方も多いかと思います。

ただ、ご自身で検索して表示された結果と、他の人が検索して表示された結果に違いがあることはご存知でしょうか?

実は、検索サイトは、ユーザーの利便性を図るために、ユーザーに合わせて検索結果を表示してくれています。

たとえば、過去に調べた内容や、訪問したサイト、検索ユーザーの言語と所在地から推測して、それらと関係性のあるサイトを上位表示する仕組みになっています。

例えば「アクセサリ」と検索した場合、ジュエリーが好きな人にはネックレスやピアスなどの「アクセサリ」が検索結果に表示されやすくなり、スマートフォンに興味がある人にはスマートフォン用ケースやバッテリーなどの「アクセサリ」が表示されやすくなります。

また、沖縄から検索していれば、その地域との関連性も検索結果に影響を与え、検索結果に反映されます。

つまり、あなたの所在地や、日頃の行動を理解し、利便性を図る目的で、ユーザーに合わせて検索結果を表示してくれますので、人それぞれによって検索順位が変わってくるのです。

そこで、ユーザーに合わせた検索結果ではなく、本来の検索結果を確認する方法ですが、実はとても簡単です。

普段、お使いのブラウザがChromeの場合、「GoogleChromeの設定」の「シークレットウィンドウを開く」から検索することで、最適化された検索結果ではなく本来の検索結果を表示します。

Firefoxの場合は、「ファイル」の「新しいプライベートウィンドウ」から検索することができます。

普段はユーザーに合わせて検索結果が表示される状態がとても便利ですが、ご自身のホームページの本来の検索結果を確認したいときは、シークレットウィンドウやプライベートウィンドウで調べましょう。

意外と検索結果に違いがでることがあって面白いですよ。

ホームページが表示されるまでの時間が大事な理由

ホームページの表示速度が遅い

普段、ホームページの表示が遅くて、「ストレスを感じた」という経験はありませんか?

一般的には、ホームページの表示に3秒以上かかってしまうと、訪問者の半数近くが、閲覧を諦めてしまうという結果がでています。

どんなに素晴らしいホームページを作ったとしても、ホームページの表示に時間がかかってしまうようでは、致命的な機会損失につながってしまうのです。

例えば、検索結果で上位に表示され、多くの訪問があったとしても、訪問者の半数近くがホームページが表示される前に帰ってしまうようでは、SEO対策以前の問題です。

広告を出すときもそうです。

広告を見てホームページに来たとしても、ホームページが表示されるまで待ちきれずに帰ってしまうようでは、広告を出す意味がありません。

さらに、ホームページの表示が遅いと判断されてしまうと、再度訪問したいという気になるはずもなく、必然的にお気に入りなどのブックマークへ登録されることもなくなってしまいます。

ここまでくると、ホームページの表示速度がいかに大事かがわかるかと思います。

 

ホームページの表示速度を改善するポイントはいくつもあります。

簡単な対策として、画像の大きさを最適なサイズに変更するだけでも大きく改善しますし、ホームページを構成する各種ファイルをまとめて、少ないファイル構成にするだけでも表示速度が向上します。

さらに無駄を徹底的に省き、データの圧縮や、キャッシュの活用など、できることをすべて行うことで、さらなる表示速度の向上につながります。

 

もし、ご自身のホームページの表示速度や、改善するポイントを知りたければ、Googleの「PageSpeed Insights」や、Pingdomの「Website Speed Test」というツールが無償で利用できます。

Google PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

Pingdom Website Speed Test
https://tools.pingdom.com/

 

弊社では、ホームページの表示速度もしっかりと重視しながら、ホームページを制作しています。ホームページの表示が遅くて、お困りの方はお気軽にご相談ください。

最近よく耳にする「常時SSL」や「https化」など、SSLについて解説します

SSLを導入しませんか?

最近、ホームページにSSLを導入とか、ホームページをhttps化、もしくは暗号化といった話を聞いたことはありませんか?

実はどれも同じで、インターネット上の通信を暗号化して送受信できる通信である「SSL」のことを指しています。

具体的に説明しますと、注文フォームに入力されたクレジットカード番号や、住所などの個人情報を暗号化することで、「盗聴」や「データの改ざん」から、個人情報の漏えいを防ぐことができるのがSSLで、現在では、機密保持が必要なページのほとんどにSSLが導入されています。

しかし最近では、暗号化されていない通信を盗聴し、ユーザーが閲覧したデータや、ホームページに入力した情報が第三者に閲覧されてしまう可能性が出てきていることから、個人情報を入力するような通信だけを暗号化するのではなく、全ての通信を暗号化しようというのが一般的になっています。

特定のページだけにSSLを導入するのではなく、全てのページにSSLを導入することを「常時SSL」とか、「サイト全体をhttps化」などと呼ばれていますが、https化というのは、通常URLに「http」と表示されているものが、SSLによる通信の暗号化に対応している場合、「https」で表示されるためにそう呼ばれています。

SSLにも膨大な種類があって、価格も月額、数百円から数万円まで様々ですが、実は、暗号化の強さはどれも一緒。

SSLでは、暗号化に必要な、ホームページの所有者情報などの証明書を利用しますが、導入するSSLが、ドメインの使用権を証明しているだけなのか、法的に実在している企業・団体が運営しているサイトであることを証明するものなのかで価格に差がでます。

暗号化の強さは、どのSSLでも一緒です。月数百円から導入することができますので、この機会に一度、検討してみてはいかがでしょうか。

スマートフォン対応のホームページ制作について

スマートフォン対応のホームページ

いつでも気軽にホームページを閲覧できることが魅力のスマートフォン。

パソコンが苦手な人でもスマートフォンならホームページを閲覧できるという人も多いのではないでしょうか。

ただ、パソコンを前提として制作されたホームページをスマートフォンで閲覧する場合、文字が小さくて読みにくかったり、小さな文字を読むために画面を拡大し、上下左右に画面をスクロールするなど、ストレスを感じることもあるかと思います。

最近では、スマートフォンでもホームページが閲覧しやすいように、文字サイズや、レイアウトを最適化したホームページも増えてきました。

もちろん、スマートフォンだけではなく、パソコンでも閲覧できる仕組みになっていて、パソコンとスマートフォンのそれぞれで快適に閲覧できるホームページです。

パソコンをはじめ、スマートフォンにも様々な種類があり、画面の大きさも4インチ~30インチ以上と、多種多様です。

どのような画面の大きさでも快適に閲覧できるように最適化したホームページが理想で、弊社でもこれまで多数制作してきました。

弊社では、ホームページの内容によって、最適化する方法(レスポンシブ or テンプレート切替)を判断しています。

どのような最適化の方法でホームページを制作しても、パソコンでアクセスする時とスマートフォンでアクセスする時のURLは変わりません。

全てのページが同じURLでパソコンとスマートフォンに最適化されます。

またパソコン用とスマートフォン用の両方のデータを更新する必要はなく、データは共通です。管理画面で編集したデータは全てのパソコンとスマートフォン用に最適化されたホームページに反映されます。

どのような仕組みでパソコンとスマートフォンに最適化しているのかとか、ホームページの更新はどのような感じになるのかが気になりましたら、お気軽にお問合せください。

丁寧にご説明させていただきます。

ホームページを運営するときに必要な費用(ランニングコスト)について

今回はホームページを運営していく上で必要になる、ランニングコストについて書いてみたいと思います。

ホームページ制作のお問合せで、月々にかかる費用について、よくご質問をいただきますが、そこはやはり気になるところかと思います。

一般的にホームページを公開する時に最低限必要になる費用に「ウェブサーバー」と「ドメイン」の2つがあります。わかりやすく説明しますと、ウェブサーバーは制作したホームページの情報を閲覧者に送信する為のコンピューターで、ドメインはそのウェブサーバーの場所を示しているものになります。

通常、ホームページの更新作業を委託する場合に作業料金がかかりますが、CMSで制作した弊社のホームページの場合は、お客さま自身で簡単に更新およびページの追加ができますので、制作費以外の更新費用や保守・管理費用などはいただいておりません。

弊社でホームページを制作した場合のランニングコストはこの「ウェブサーバー」と「ドメイン」の費用のみとなっています。

業者が制作したホームページを更新するには?

業者に依頼して作ったホームページを自分で更新したいという人は、結構多いと思いますが、その理由は更新費用がかさむこといった経済的なことや、更新するのに時間がかかるといった不満がほとんどではないでしょうか。

ホームページは公開した時がスタートで、しっかりと長く運営してはじめて意味のあるものであることはご存知かと思います。

しっかり長くホームページを運営していくには、情報を発信し続けることはもちろん、経費のことについても考えておく必要がありますので、 業者に依頼する際のポイントとしましては、ホームページの更新方法やそれにかかる費用を確認するということが重要になってくると思います。

もし、現状で更新費用がかかりすぎる、もしくは更新を依頼しても時間がかかりすぎるという不満があるのなら、スピーディーでリーズナブルなホームページの更新代行サービスを探すか、ホームページをCMSで管理するように作り変えて、ご自身で更新できるようにするのが現実的かと思います。

ホームページを最初から自分で作るのなら、まったくの初心者でもどうにかなると思いますが、業者が作ったホームページを初心者の方が更新するというのはなかなか厳しいのではないかと思いますので、最初が肝心ですね。

こういうお悩みや、ちょっとしたご相談でも弊社までお問合せいただければ、アドバイス等も出来ると思います。ぜひ一度お気軽にお声かけください。

MODXのすばらしさについて感じたこと

弊社でお客さまからご依頼いただくホームページ制作で、一番選ばれているCMSはMODXです。
2007年頃からMODXを活用したホームページを制作しているのですが「とにかく簡単に更新したい」、「月々の運用コストを抑えたい」というお客さまのご要望にお答えすべく試行錯誤を繰り返しながらホームページを作ってきました。

そのMODXのキャッチコピーが「自由自在にサイトを構築する進化系CMS」なのですが、まさにその通りで、システムの制限がほとんどなく自由自在にお客さまのご要望に応じた管理しやすさに特化したホームページが作れます。そして、MODX自体も毎月、アップデートされていますので、常に進化しながら、使い勝手の面でも年々向上し続けています。

そんなMODXですが、先日、お客さまから画像投稿時のサイズ変更出来ないとのご連絡がありました。
最新版のMODXでしたので、まずは開発者に確認をとってみようとメールを送信したところ、お問合せから一日もたたないうちに的確な回答をいただきました。

嬉しかったです。
MODXというCMSもすばらしいけど、その開発者様もすばらしい!

弊社でもそういう対応がしっかりできるようがんばります。

ホームページを1から自分で作るのも良い経験

通常、ホームページを作るには専門的な知識が必要になりますが、ホームページビルダーのようなホームページ作成ソフトを使えば、誰でも簡単にホームページが作れます。

誰でも簡単に作れるとはいっても、まずはホームページ作成ソフトの使い方を覚えないといけないわけで、ある程度の時間は必要になるかと思いますが、作成ソフトを使わずにホームページを作るよりは はるかに近道ですし、とにかく便利です。

ホームページを自分で作るとなった場合、細かい部分まで具体的に考えていく必要がでてきますので、いろいろと調べ物をしたり、試行錯誤を繰り返すことになると思いますが、その経験がホームページ制作を依頼するときにも活かされると思いますので、無駄にはならないかなと。

今後はホームページを作る際に、役立つ事などもご紹介していきたいなと思っています。

CMSの得意分野を活かすホームページ制作

弊社では、お客さまのご要望に応じて、最適なホームページ制作プランをご提案させていただいておりますが、そのプランは大きく分けると3種類あって、その違いは主にCMSの違いになります。

例えば、ショッピングサイトをお考えのお客さまへはネットショップの管理が得意なEC-CUBEというCMSを使ったホームページをご提案し、一般的な事業紹介のようなホームページをお考えのお客様へは自由度の高い、modxをご提案させていただいております。また、ホームページとブログ、オンラインショップを同一デザインで一体感のある感じにしたいというご要望があれば、EC-CUBEとWORDPRESS、modxの3つのCMSを使って、それぞれが得意とする分野を管理させるということも可能です。

ブログを得意とするWORDPRESS で、一般サイトやオンラインショップを制作することもできますが、やはり専用で開発されたCMSには使い勝手の点で及ばないかなと。。

ホームページをお考えのお客さまがいらっしゃいましたら、ぜひ一度お声かけください。
ご要望をお伺いし、最適なCMSを活用した更新できるホームページのご提案をさせていただきます。

TOP